食べる

阿波座のホテル日本料理店リニューアル 開業3年「食べきれる」コース提案

スタッフの小泉さん

スタッフの小泉さん

  • 17

  •  

 日本料理店「四季料理 入兆(いりちょう)」(大阪市西区靭本町3、TEL 06-6441-5566)が大阪・阿波座にリニューアルオープンして3カ月がたった。

京都からみそを取り寄せるという「なす田楽」

 同店は2017(平成29)年4月、ホテル四季靱公園の1階にオープン。5月から一時閉店してメニュー内容や価格を見直し、7月7日に再オープンした。店舗面積は約50坪、席数は35席。

[広告]

 オーナー料理長の田川靖信さんは開業時から勤務。前職はホテルやすし割烹(かっぽう)で勤めていたといい、同店では日本料理やすしを提供する。平日の客は近隣の会社員が多く、夜は小規模の会合などでよく利用されるという。

 ランチタイムは定食や丼物をそろえる。日替わり定食や、すし10貫ににゅうめん・小鉢が付くいた「寿司御膳(ごぜん)」が(以上1,000円)が人気という。

 夜はコース料理のほか、季節の一品料理を提供する。会席料理では一つ一つのポーションの小さい「ショートコース」(3,800円)を用意。「あまり食べない方、年配の方も残さず食べられるよう配慮した」と言う。「一品はなす田楽(600円)がお薦め。京都からみそを取り寄せて作る田楽みそにファンが多い」と胸を張る。

 コロナの影響を受け、今が一番大変な時と言う田川さん。「これからは上向きになっていくだけと思っている。2025年には万博もあるので、それに向けて頑張っていけたら」と期待を寄せる。 

 営業時間は11時30分~14時、17時~21時30分。日曜定休。

Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。