食べる 暮らす・働く

大阪・北浜にビストロ「サ・マッシュ」 フレンチと和の食材合わせる

「サ・マッシュ」シェフの井尾圭輔さん

「サ・マッシュ」シェフの井尾圭輔さん

  •  
  •  

 大阪・北浜に12月11日、ビストロ「サ・マッシュ」(大阪市中央区北浜1、TEL 06-4707-0123)がオープンした。

「フォアグラのテリーヌ 干し柿のコンフィチュール」

 帝国ホテルで15年間調理に携わっていたというシェフの井尾圭輔さんが開いた同店。店名は「フランス語でオーダーを厨房へ通す時の第一声から」という。店舗面積は20坪。席数は22席。

[広告]

 井尾さんの「敷居の高いイメージのあるフランス料理に和のテイストを取り入れることで親しみやすくしたい」という思いから、和がらしや干し柿、さんしょうなどの食材を使ったメニューをそろえる。

 井尾さん一番のお薦めメニューは、土鍋でオマールエビなどの魚介を煮込んだ「濃厚な土鍋ブイヤベース 焼にんにくのルイユ」(3,500円)で、「他店ではサラッとした味わいのものも多いが、しっかり濃厚な味に仕上げている」と話す。和歌山の猟師から仕入れたジビエを使う料理や、「臭みの少ないフォアグラを使い、余計なプレスをせず柔らかく仕上げた」という「フォアグラのテリーヌ 干し柿のコンフィチュール」(1,800円)も人気という。

 ワインは赤・白・ロゼ・スパークリングを合わせて25種類をそろえる。和の食材を使う料理に合わせた日本酒もワイングラスで提供する。

 井尾さんは「毎日その日その日の良い食材や季節のものを使うメニューを作っていきたい。男女、年齢問わず、肩肘張らない店にしていければ」と話す。

 営業時間は17時30分~22時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。