食べる

靱公園横パティスリー「レ・グーテ」10周年 「これからも季節感大事に」

カラフルな外観が目を引く店舗。「レ・グーテ」とはフランス語で「おやつ」の意味

カラフルな外観が目を引く店舗。「レ・グーテ」とはフランス語で「おやつ」の意味

  • 25

  •  

 パティスリー「Les gouters(レ・グーテ)」(大阪市西区京町堀1、TEL 06-6147-2721)が9月2日、大阪・靱公園そばにオープンして10周年を迎えた。

巨峰やいちじくを使ったケーキが並ぶショーケース

 オーナーシェフの澤井史朗さんは、東京の菓子店2~3店舗で約14年勤務。国内外のケーキコンクールで受賞後、故郷の大阪・西区に戻り同店をオープンした。店舗面積は24坪。

[広告]

 同店のケーキや焼き菓子は食材本来の味を大切にし、季節感を重視しているという。澤井さんは「今なら白ブドウ、もうすぐ洋梨や栗のケーキを出す予定」と話す。定番商品はオープン当時の味を守るシュークリーム(240円)やジャージー牛の生クリームを使った「ジャージー」(450円)など。バースデーケーキやチョコレート、ジャムなども販売する。

 澤井さんは10年間を振り返り、「オープン初日が一番思い出深い。誰も来なかった」と笑う。その後、飲食店ランキングサイトやSNSなどで口コミが広がり、現在は遠方からも多くの客が足を運ぶという。

 「まずは10年をめどにして頑張ってきた。これからもお客さまの要望を聴きながら、旬の食材を生かしたお菓子を提供して喜んでもらえたら」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~18時。月曜・火曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。