食べる

淀屋橋の期間限定「ご来光カフェ」15年目 来店者延べ7307人に

案内チラシを持つ岩田さん

案内チラシを持つ岩田さん

  • 148

  •  

 大阪水上バス淀屋橋港(大阪市中央区北浜3)桟橋上の期間限定「ご来光カフェ」が9月26・27日、10月1日~7日にオープンする。

スイーツメニューの「ご来光パフェ」イメージ写真

 淀屋橋付近では春と秋の限られた期間のみ、生駒山から昇る太陽がビルに遮られることなく望むことができる。同イベントは、朝日を見ながら早朝の時間をゆったり過ごすイベントとして2006(平成18)年にスタート。今年で15年目を迎える。企画・運営は「ご来光カフェ実行委員会」。協力は大阪水上バス、NPO法人「もうひとつの旅クラブ」。

[広告]

 昨年は383人、15年間で延べ7307人が来店した。NPO理事の岩田尚樹さんは「イベント開始当時は、早朝ということもあり年齢層も高めだった。SNSが広まると若者が増え、インパクトのあるご来光写真がネットで拡散され来場者が増えた」と振り返る。

 今年のカフェメニューは500円の一律料金。コーヒー・紅茶のドリンクほか、スイーツもそろえる。大阪市・生野区のグルテンフリーのシフォンケーキ専門店「天使のシフォン」を使ったパフェや、朝食にもなるというキッシュなどを用意するという。

 岩田さんは「15年で少しずつイベントが定着して、会期中毎日来てくれる人や、毎年来店する常連さんもできた」と言う。「今後は大阪の人みんなに知られるくらい認知が広がり、より多くの方に来ていただけたら」と期待を寄せる。

 営業時間は5時30分~7時30分。雨天時中止。中止の場合は4時30分までにSNSで告知する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。