3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

大阪・本町にスパイス食堂 谷六の店が2店舗目「互いに切磋琢磨したい」

副店長の鈴木太郎さん

副店長の鈴木太郎さん

  • 12

  •  

 スパイス食堂「百薫香辛食堂(ひゃっかこうしんしょくどう)」(大阪市中央区南本町3、TEL 06-6224-0003)が大阪・本町にオープンして4カ月がたった。

味のしみた「台湾煮卵」をトッピングしたあいがけカレー

 本店は谷町六丁目にあるカレーとスパイス料理の定食店「定食堂金剛石」。同店は2店舗目で、昼はカレー、夜はカレーのほか酒に合う一品料理をそろえる。席数は15席。

[広告]

 同店のカレーは2種類を提供(各900円、あいがけ1,200円)。2~3日ごとにメニューを入れ替え、インド各地のローカルカレーやスリランカ風の味を日本人向けにアレンジしているという。カレーにはサブジ(野菜の蒸し煮)やアチャール(インド風漬物)などの副菜を約4種類添える。別料金のトッピングは定番の「台湾煮卵」(100円)のほか、季節の食材などを使ったマサラ(カレーの一種)をそろえる。

 夜のアラカルトは「羊肉麻婆豆富(まーぼーどうふ)」(490円)、「鶏のフリット パイナップルのスイートチリソースと」(390円)など。ドリンクは生ビール(420円)、デュワーズハイボール(390円)などを用意する。

 宮本さんは「週末のメニューに、鹿肉などジビエを使ったカレーも考えている」と明かす。「本店と互いに切磋琢磨(せっさたくま)しながら、いろんなメニューに挑戦できたら」と意欲を見せる。

 営業時間は11時30分~14時、18時~20時30分(火曜は15時30分までの昼営業のみ)。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。