食べる

肥後橋の創作和食「ウトガリア」 開店5年「これからも気の利いた提案を」

店主の吉田さん(右)とスタッフの渡邉さん

店主の吉田さん(右)とスタッフの渡邉さん

  • 34

  •  

 居酒屋バル「ウトガリア」(大阪市西区江戸堀1、TEL 06-7493-4553)が4月、開店5年目を迎える。

メバチマグロを海苔で包んで揚げた「まぐろのレアかつ」

 店主の吉田紘規さんは前職でアパレルで勤務。全国に出張した際、地方で食べた「おいしいもの」を、自分なりにアレンジして紹介したいという気持ちが同店オープンへとつながったという。店舗面積は32坪、52席。

[広告]

 店では和食をベースにした創作料理を提供する。吉田さんは「まぐろのレアかつ」(780円~)と「スペアリブの西京焼き」(スモール1,100円、レギュラー1,650円)が特によく出ると話す。ドリンクは、猿倉山醸造所のクラフトビールを各850円で用意するほか、全国各地の地酒をそろえる。「日本酒は定番と珍しいもの、その時期ごとに両方をバランスよくそろえている」と胸を張る。

 店内は1階がカウンター席がメイン。2階は最大32人の利用が可能で団体客も受け付ける。コース料理はドリンク別で1,700円から用意する。

 吉田さんは「4年たち、料理や店内デザイン、音楽や接客に『ウトガリアらしさ』が育ってきた。これからも気の利いた提案をしてお客さまに支持してもらえたら」と期待を寄せる。

 営業時間は17時~24時。

Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。