食べる

大阪・本町に「寿司 藤やま」 SNSで地方とやり取り、「新鮮食材」直送

店長の谷本さん

店長の谷本さん

  • 48

  •  

 「寿司(すし)藤やま」(大阪市中央区平野町4、TEL 06-4708-3606)が2月27日、大阪・本町のオービック御堂筋ビル1階にオープンした。

樽(たる)仕込みの赤酢を使ったすし

 店長の谷本侑也さんは「新地 鮓(すし)ゆうじろう」などで勤務。約10年、すし店・日本料理店などで勤務した経歴を持つ。席数は30席。

[広告]

 同店ではシャリに赤酢を使う。谷本さんは「赤酢はまろやかな味、キリッとした味の2種類をブレンドしている。見た目は濃く見えるが酸っぱさは控えめ」と話す。ネタは大阪の市場から仕入れるほか、各都道府県の信頼のおける業者からも取り寄せているとう。各地の業者とはLINEなどでやりとりし、その日一番のネタをリストを見て発注。「食材の輸送技術が昔より良くなっているので、地方のいい食材が手に入りやすくなった」という。

 メニューはコースのほか、一品料理もそろえる。昼のコースは4,000円から、夜は7,000円から。すしに合う全国の地酒やワインも用意する。

 谷本さんは「昼は近隣のサラリーマンの方、夜はインスタを見て来る若いお客さまも多い。かしこまって来るよりも、記念日などで気軽に利用してもらえたら」と期待を寄せる。

 営業時間は12時~14時、17時~22時。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。