学ぶ・知る

大阪・北浜で第30回ライター勉強会 「文章を書くこと」の関心集う場に

「関西ライターズリビングルーム第三十夜」トークセッションの様子

「関西ライターズリビングルーム第三十夜」トークセッションの様子

  •  
  •  

 大阪・北浜の喫茶店「フレイムハウス」(大阪市中央区淡路町1)で11月27日、「関西ライターズリビングルーム第三十夜」が開催された。主催はライター・放送作家の吉村智樹さん。

ゲスト日下さんの書籍「迷子のコピーライター」

 今回のゲストは、電通関西支社のコピーライター日下慶太さん。テーマは「書くだけがライターの仕事じゃない」。日下さんがこれまで手掛けた仕事や作例を上映しながら、「言葉を届けるために、どのようにもがいてきたか」などについてトークセッションが行われた。

[広告]

 2015(平成27)年、吉村さんは50歳を機に「放送業界からライター業へ軸足を移したい」と考えたが、当時第一線で活躍する人から話を聞く場がなかったという。そこで、「ないなら自分で場を作ろう」と2017(平成29)年2月に同勉強会をスタート、以来毎月第4水曜に開催してきた。

 延べ参加人数は番外編を含め660人。内容は、吉村さんが話を聴きたい方をゲストとして招き、「文章を書いて暮らすにはどうしたらいいのか」を質問するトークイベント型だ。

 吉村さんは「ゲストは『ライターとして講師に招かれたのは初めて』という人が多く、それだけにリアルな声、実践的で現状に即した話が聞けると思う」と胸を張る。

 次回は12月25日20時30分~、「恐い文章を、どう書くか」 。ゲストは、怪談師の深津さくらさん。申し込みはウェブサイトで受け付ける。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。