食べる

大阪本町に居酒屋「八仙」 魚介と日本酒主力に、土曜・祝日ランチはドリンク無料も

店長兼料理長の加藤新二郎さんとスタッフの山田圭亮さん

店長兼料理長の加藤新二郎さんとスタッフの山田圭亮さん

  •  
  •  

 居酒屋「魚と肴と酒処 八仙(はっせん)」(大阪市中央区安土町3、TEL 06-6484-7886)が7月8日、大阪・本町にオープンした。

造り、煮付けなど8品にご飯やデザートも付く「八仙御膳」

 店長兼料理長の加藤新二郎さんが買い付けた魚介を使った料理や各地の日本酒をそろえる同店。店名は加藤さんの出身地である青森県の地酒「陸奥八仙」に由来し、酒蔵から許可を得て付けたという。店舗面積は約24坪。席数は36席。全席禁煙。

[広告]

 料理する魚は、当日朝に市場で買い付けた物や、漁港直送で仕入れた物を使う。約12種類の刺し身を盛り合わせた「八仙盛り」(1,880円)はマグロの中トロなどの定番以外に、当日の仕入れによって「オジサン」「カイワリ」「ヘダイ」などの魚を入れることもあるという。

 加藤さんが「絶対に食べてほしい」とお薦めする日替わりメニュー「本日のMVP」は、当日に市場で仕入れた魚を使い、「ほぼ原価割れ価格」で提供しているという。

 ランチは、日替わり定食(800円)、日替わり丼(900円)、「八仙御膳」(1,500円)、持ち帰り弁当(600円)などをそろえる。日替わり定食はご飯大盛り無料。150円追加で、大盛り約2杯分のご飯に生卵1個を付けた「特盛ご飯」も用意する。ご飯小盛りの場合はミニデザートを付ける。土曜・祝日は、グラスワイン、サワー、ジュースなどのドリンクを1杯無料で付ける。

 ドリンクメニューは、「陸奥八仙」「醴泉」「東洋美人」などの日本酒を中心に、「八海山ビール」「箕面ビール」などの地ビール、焼酎、ワインなどをそろえる。

 加藤さんは「全席禁煙やランチの小盛りにデザートを付けるなどのサービスが影響してか、オフィス街の居酒屋だが女性も多く来店している。アットホームで、チェーン店にない良さがある店を目指したい。珍しい魚や日本酒好きがたくさん来る店になれば」と意気込む。

 営業時間は、11時30分~15時、17時~23時。日曜定休。8月13日~15日休業。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。