食べる

大阪・京町堀にチュロスの店「チュロカアーラ」 夜はバー営業も

店主の瓦英人さん

店主の瓦英人さん

  •  

 「チュロスのお店 チュロカアーラ」(大阪市西区京町堀1、TEL 06-6467-8443)が10月3日、大阪・京町堀にオープンした。

揚げたてのチュロスと自家製レモネード

 店内で揚げる自家製チュロスを看板メニューに、自家製レモネードなどのドリンクをそろえる。18時以降はバーとして営業する。店舗面積は約8坪。席数は10席。

[広告]

 チュロスは1本約25センチで、イートインでは3本=430円、5本=630円。テークアウトでは3本=380円、5本=580円で販売する。イートインでは味を付けず甘くない状態で提供し、客が自分で好みの味付けをする。味は、シュガー、レモンシュガー、シナモンシュガーの3種類から選べる。

 ドリンクは、国産無農薬レモンを使う「自家製レモネード」(イートイン=470円、テークアウト=420円)、コーヒー(同370円、同320円)、ホットチョコレート(同390円、同320円)などをそろえる。店主の瓦英人さんによると、ホットチョコレートはとろみのある食感でチュロスに付けて食べてもおいしいという。

 バータイムには、チュロスのほか、ビール、ワイン、ウイスキー、カクテルなどのアルコールドリンク(600円~、以上税別)を販売する。

 瓦さんは「チュロスというと菓子のイメージが強いが、スペインでは24時間営業の店もあり、朝から夜まで全ての時間帯で、大人から子どもまで幅広い世代に楽しまれている。なるべく揚げたての食感や味を楽しんでもらいたい」と話す。

 「以前はバーで10年ほど働いていたが、自分の子どもが生まれてからは子どもから大人まであらゆる世代の人に来てもらえる店をしたいという気持ちが生まれた。親子連れが集まり、街に明かりをともすような店にしたい」とも。

 営業時間は、火曜~土曜=13時~23時30分、日曜=13時~19時。月曜定休。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。