食べる 暮らす・働く

大阪・本町に英会話バー 全て英語で接客、「海外気分を味わって」

「プラスカラーイングリッシュバー」の講師

「プラスカラーイングリッシュバー」の講師

  •  

 大阪・本町に3月4日、日曜営業限定の英会話バー「プラスカラーイングリッシュバー」(大阪市西区阿波座1)がオープンした。

バー店内の様子

 「ゴーゴーバーフジタ」の休業日に店舗を間借りし、営業する同店。店内の会話は全て英語で行う。英会話講師が店員を務め、客からのオーダーを受けたり、フリートークに応えたりするという。席数はカウンター席8席、テーブル席6席。

[広告]

 同店は英会話スクール「プラスカラーイングリッシュカフェ」を運営する「プラスランゲージ」(阿波座1)の新規事業。海外旅行を疑似体験するような感覚で、英語を使う機会を提供するのが目的という。同スクール講師の山並康希(やまなみこうき)さんが発案し、約1カ月でオープンが実現した。

 山並さんは「英会話を学ぶ場所はたくさんあるが、実際に使う場所は少ない。話す場所を作りたいと思った」と話す。「初級の方でもトライしやすいよう工夫している。英会話講師がスタッフなので安心して来てもらえたら」と呼び掛ける。

 営業時間は、カフェタイム=13時~17時、バータイム=17時~22時。日曜のみ営業。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。