3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

平野町「デルタカドビル」リニューアル 「気分に合わせ楽しめる場所に」

ゼネラルマネジャーの井藤さん。1階・2階の両店舗とも、7月の熊本・球磨川氾濫の復興支援のため人吉市の米焼酎「白岳」を置く。

ゼネラルマネジャーの井藤さん。1階・2階の両店舗とも、7月の熊本・球磨川氾濫の復興支援のため人吉市の米焼酎「白岳」を置く。

  • 13

  •  

 飲食店などが入る「デルタカドビル」(大阪市中央区平野町4)が8月1日、リニューアルオープンした。

しちりんで焼く「昭和の焼肉」

 ビルは4階建て。1階に立ち飲みバー「立ち呑みさんかく」、2階に「しちりん焼肉さんかく」、3階に「カラオケさんかく」、4階に「ミュージックバーDJ SAVE MY LIFE」が入る。

[広告]

 同ビルは店舗施工会社の飲食部門「スタジオデルタ」が運営。同ビル近くでスタンドバー「スタンド ニューさんかく」(中央区瓦町4)や、なんばで「スタンド ソバ サンカク 裏なんば」(難波千日前14)なども手掛ける。ゼネラルマネジャーの井藤智行さんは「ビルリニューアルと同時にブランドイメージを統一するため、各店舗名に『さんかく』と入れた」と言う。

 1階の「立ち呑みさんかく」の看板料理は熊本の地鶏「天草大王」を使った料理。「天草大王のもも肉たたき」(580円)、「鶏白子のホイル焼き」(380円)などがお薦めという。

 2階の焼き肉店では、しちりんをテーブルに設置する。「煙がもくもく出る昭和の焼き肉」と言う同店のお薦めは「天草黒牛経産牛ロース」(980円)。井藤さんは「この肉は希少。県外で手に入るのはうちだけ」と胸を張る。

 「焼き肉を食べたり、ちょっと立ち飲みで寄ったりなど、いろんな使い方ができるビル」という同ビル。井藤さんは「気分に合わせてビル全体を楽しんでもらえたら」と期待を寄せる。

 「立ち呑みさんかく」の営業時間は18時~売り切れ次第。日曜定休。「しちりん焼肉さんかく」は17時~売り切れ次第。「カラオケさんかく」は20時30分~24時。「ミュージックバーDJ SAVE MY LIFE」は20時~翌2時。3店舗は日曜・祝日定休。

Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。