食べる

大阪・本町に大衆中華料理店 アレンジマーボー豆腐など独自メニューを展開

店長の鈴木さん

店長の鈴木さん

  • 25

  •  

 「大衆中華食堂 坊(ぼう)」(大阪市西区西本町1、TEL 06-6536-3135)が7月27日、大阪・本町にオープンした。

肉汁があふれる小籠包(ショーロンポー)

 メニューはマーボー豆腐(580円)のような定番料理のほか、店独自のアレンジメニュー、アラカルトで飲茶(やむちゃ)などをそろえる。店舗面積は25坪、席数は30席。

[広告]

 店長の鈴木博文さんが薦めるのは小籠包(ショーロンポー)。1個120円で、蒸しと焼きの両方を用意する。マーボー豆腐は定番スタイル以外に、豆腐をクリーム状にした冷製の「麻婆エスプーマ豆腐」(580円)というオリジナルメニューも提供。「生レバニラ」(500円)「生チンジャオ」(680円)など、低温調理の肉を使ったメニューもそろえる。

 ドリンクはザ・モルツ(生中300円)、ジムビームハイボール(190円)など。さんしょうをすりおろして入れた「山椒(さんしょう)ハイボール」(350円)や、紹興酒とピーチリキュールを使った「香港フィズ」(450円)など、ドリンクもオリジナルメニューを用意する。

 ランチは肉のあんかけをチャーハンに載せた「肉肉炒飯定食」(780円)のほか定番メニューを4種類、日替わりを2種類(各680円)用意。お代わり無料のライスとスープが付く。

 鈴木さんは「オープンして1週間足らずでボトルキープしてくれたお客さまもいる。今後は店の認知をもっと広げ、常連さんを増やしていけたら」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~14時、17時~23時。日曜・祝日定休。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。