食べる

大阪・本町に点心・広東料理店 1店目好調、2店舗目前倒しオープンへ

「勝記点心楼 (しょうきてんしんろう)」スタッフ

「勝記点心楼 (しょうきてんしんろう)」スタッフ

  • 49

  •  

 中華料理店「勝記点心楼 (しょうきてんしんろう)」(大阪市西区西本町1、TEL 06-6535-8896)が2月9日、大阪・本町にオープンした。

店自慢の一品「あわび焼売」

 料理は広東料理と点心を中心に提供する。同店は家族経営で、広東省・広州が一族の出身地という。店舗面積は33坪、席数は50席。

[広告]

 同店は1号店を西成区・岸里で2019(令和元)年5月にオープン。大阪中心部に開店する前に試験的に開業して、顧客の反応を見たかったという。マネジャーの阮志飛さんは「お客さまから好評で、都心への出店を予定より早めることができた」と話す。

 料理長の阮群勝さんは神戸・三宮の百貨店内にある中華料理店で料理長の経験もあるという。同店のお薦め料理は「上海小籠包(ショーロンポー)」(4個550円)、「カニ肉のせエビ焼売(シューマイ)」「海鮮フカヒレ入り餃子」(以上、4個600円)など。ドリンクは、ビール(中瓶500円)芋や麦焼酎(各500円)のほか、紹興酒(グラス500円)や山ざし酒(480円)なども用意する。

 阮志飛さんは「ルーツの中国では祖父も飲食店を経営。厨房では、神戸・南京町でコックをしていた兄も腕を振るう。今後は法人化し店舗も増やしていけたら」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~14時、17時~22時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。