見る・遊ぶ

大阪「春の船場博覧会2020」 7つの旧家のひな飾りを一般公開

今年初出展、豊田家のひな人形(写真提供=船場博覧会実行委員会)

今年初出展、豊田家のひな人形(写真提供=船場博覧会実行委員会)

  • 27

  •  

 「船場のおひなまつり2020」が2月27日、大阪・北船場エリア一帯で始まる。主催は船場博覧会実行委員会。

会場のひとつ、少彦名神社

 船場の旧家に伝わるひなまつりを通して、船場の歴史や豊かな文化を伝えることを目的にした同イベント。今年で6回目を迎える。

[広告]

 イベントの中心は「船場のおひなさま展」。新井家、生駒家、芝川家など7つの旧家に伝わるひな飾りを展示する。展示会場は「ギャラリーもず」や少彦名神社のほか、UFJ銀行大阪ビル1階のギャラリーラウンジなど。今年は豊田家のひな人形が初出展される。

 期間中は「花外楼」(北浜1)や「美々卯本店」(平野町4)などの老舗店が特別メニューを提供するほか、「五感 北浜本館」(今橋2)、「菊寿堂義信」(高麗橋2)ではひなまつり限定スイーツを用意。「神宗 淀屋橋本店」(高麗橋3)では「塩昆布煮汁ソフトクリーム(小豆付き)」(300円)を販売する。

 同イベント担当者の川嵜千代さんは「昨年は全施設併せて延のべ2万5000人が来場した。地元の人だけでなく、阪神間からも足を伸ばす人がいる人気のイベント」と胸を張る。「今年は急きょ中止になった行事もあるので、最新情報はホームページで確認してほしい」と呼び掛ける。

 各イベントの開催時間は会場により異なる。3月3日まで。(「五人囃子の演奏」、「春のヴァイオリンコンサート」、「春の上方を味わう」は中止)。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。