食べる

大阪本町に和カフェ「和レ和レ和」 すき焼きやだし巻きの和風ドッグ提供

スタッフの能美幸さん

スタッフの能美幸さん

  •  
  •  

 和カフェ「和レ和レ和(われわれわ)」(大阪市中央区久太郎町3、TEL 06-4300-3490)が7月1日、大阪・本町にオープンした。

半熟煮卵とすき焼きのオハシドッグ

 ベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」を展開する「日と々と」(東京都渋谷区)の新業態1号店。近隣地域では外国人観光客や宿泊者も増えていることから、外国人にも喜ばれる和テイストのカフェを出店したという。店舗面積は約13坪。席数は23席。全席禁煙。

[広告]

 昼間のカフェタイムは、ホットドッグ用のパンに和風の総菜をのせた「オハシドッグ」(ドリンク&総菜2種セット=1,100円、テークアウト=1,000円)5種類を用意。中でも「すき焼きと半熟煮たまご」と「だし巻きたまごと大根おろし」の人気が高いという。

 ディナータイムは、「出汁(だし)巻風卵焼き ~オニオンソース添え~」(600円)、「塩麹を練りこんだ自家製のパテ・ド・カンパーニュ」(850円)、「熊本直送 馬ロースステーキ」(1,900円)など、フレンチ出身のシェフが和テイストで作る料理と、全国から集めた40種以上の日本酒を日替わりで提供する。

 店長の齋藤健多郎さんは「インバウンド客以外にも、商店街や周辺の卸売店に買い物に来た人や地元の人が多く来店している。気軽に普段使いしてもらえたら。今後、さらなる和カフェの出店も計画していきたい」と意気込む。

 営業時間は、カフェ=10時~17時50分、ディナー=18時~23時。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。