見る・遊ぶ

大阪・堺筋本町に貸し切りシアタールーム「心斎橋アバック座」

心斎橋アバック座の小田裕子支配人

心斎橋アバック座の小田裕子支配人

  •  

 大阪・堺筋本町に6月30日、貸し切りシアタールーム「心斎橋アバック座」(大阪市中央区久太郎町1、TEL 06-6267-6877)がオープンした。

1人用の部屋にはマッサージチェアを完備

 ホームシアター機材の設置・販売店「アバック」(神奈川県横浜市)が経営する「アバック座」の国内6店舗目。1人~4人定員の貸し切りシアタールームを4部屋備える。DVD、ブルーレイディスク、スマートフォン、タブレットの持ち込み視聴に対応する。

[広告]

 最寄り駅は堺筋本町だが店名は「心斎橋」である理由について、小田裕子支配人は「アバック座の1店舗目である梅田店には名古屋、和歌山、四国など遠方からの利用客も多く、堺筋本町よりも心斎橋の方が地名の通りがよく分かりやすいと考えた」と話す。

 シアタールームは、80インチ画面の1人部屋、110インチ画面の2人部屋、140インチ画面の4人部屋を用意。全ての部屋で3D・4K映像に対応する。再生機器は備え付けの専用iPadを使い操作する。1人部屋にはマッサージチェアを備える。

 受付で菓子・ジュース類を販売し、飲食物の持ち込みは不可。

 ホームシアター事業部の松本弘典部長は「今、勢いのある街である大阪に店を増やしたかった。ホームシアター販売や設置で培うノウハウを生かしたプライベートシアターで、手持ちの映画やライブ映像などを楽しんでほしい」と話す。

 利用時間は1枠=2時間30分(利用開始時間、終了時間は各部屋ごとに異なる)。利用料金は1枠=2,500円~7,000円(各部屋ごとに異なる)。詳細はホームページに記載する。利用1回ごとに1つたまるスタンプを6回分集めると、VIP会員として常時1,000円引きとなる。予約は電話とホームページで受け付ける。

 営業時間は10時~20時。月曜・火曜定休。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。