食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

セントレジス大阪でアフタヌーンティー 洋菓子店「エスコヤマ」と共同考案メニュー提供

「セントレジス」ペストリーシェフ伊藤慎二さん(左)と「パティシエエスコヤマ」の小山進さん(右)

「セントレジス」ペストリーシェフ伊藤慎二さん(左)と「パティシエエスコヤマ」の小山進さん(右)

  •  

 セントレジスホテル大阪(大阪市中央区本町3、TEL 06-6105-5659)12階のセントレジスバーで7月1日、「es koyama × ST. REGISアフタヌーンティー」が始まる。

イチジクの甘みで肉の旨みが際立つ三田牛のミニバーガー

 兵庫県三田市の洋菓子店「パティシエエスコヤマ」オーナーパティシエの小山進さんと同ホテルのペストリーシェフ伊藤慎二さんが共同で考案したデザートや料理を提供する期間限定の同企画。

[広告]

 テーマは「都会で自然を」。大阪のビジネス街という「都会」の場で「三田の自然」を表現するために2人でアイデアを寄せ合ったという。

 メニューは、三田牛のミニバーガー、三田ポークととうもろこしのキッシュ、篠山ブルーベリーのヴェリーヌ、マンゴータルト、季節のマカロンなど。

 小山さんは「夏から秋の変わり目にかけて、季節と共にメニューも変化していく。企画して終わりの『コラボ』ではなく、最後まで力合わせていくことが作り手の責任で『セッション』だと考えている」と話す。

 伊藤さんは「自分が良いと思ったアイデアが、小山さんからのアイデアを得てより良くなる楽しさを感じた。足を運ぶたび、異なる味わいを楽しんでもらえたら」と笑顔を見せる。

 開催時間は12時~17時30分。料金は1人5,000円(消費税・サービス料別途)。9月30日まで。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。