3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く

大阪の化粧品メーカーが女性向けスマホアプリとコラボパッケージ

コラボ商品をPRする「ミックコスモ」の伊藤さん(左)と「ヘキサドライブ」の阿部さん(右)

コラボ商品をPRする「ミックコスモ」の伊藤さん(左)と「ヘキサドライブ」の阿部さん(右)

  • 40

  •  

 化粧品メーカー「ミックコスモ」(大阪市中央区南久宝寺町2、TEL 06-6264-3636)は6月25日、ゲーム制作会社「ヘキサドライブ」(浪速区)が手掛けるスマホアプリとのコラボ商品を発表した。

コンシェルジュ「セイ」が描かれた限定パッケージデザイン

 7月3日に発売するのは、唇の縦じわをケアする「ハリーハリー 大人のリップバーム」(1,080円)のコラボレーション限定パッケージ。パッケージと容器デザインはヘキサドライブが担当した。同社ディレクターの阿部浩美さんは「プロダクトデザインは今回の商品が初めて。パッケージの型が決まっていたので、ゲームの雰囲気を損なわずデザインするのに少し苦労した」と振り返る。

[広告]

 コラボするのは、2017年12月に配信を始めた女性向け目覚ましアプリ「MakeS(メイクス)-おはよう、私のセイ-」。目覚まし、カレンダー、メモなどの機能に加え、コンシェルジュプログラムの「sei(セイ)」をタップしたり着せ替えたりすることでコミュニケーションを取ることができる。

 同アプリの「きっと朝が好きになる」という開発コンセプトと、ミックコスモの「ひとつの化粧品との出会いで、毎日をもっと笑顔に」という思いに、両社が共感したことからコラボレーションが決定。ミックコスモ企画開発部の伊藤健太郎さんによると、コラボ商品の発売までには通常半年から1年ほどかかるが、同商品は企画からおよそ3カ月で発売に至ったという。

 伊藤さんは「SNSを中心に話題を集めているアプリなので、なるべく早く発売したかった。反響が楽しみ」とも。

 東急ハンズ、ステラワース、カプコンカフェ、ミックコスモウェブサイトなどで販売する。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。