食べる 暮らす・働く

大阪・堺筋本町に居酒屋「楽之助」 アジの生け造りを500円で提供

店の前に立つ店主の大森祐規さん

店の前に立つ店主の大森祐規さん

  •  

 大阪・堺筋本町に5月16日、「大衆居酒屋 楽之助」(大阪市中央区瓦町2、TEL 06-6210-4193)がオープンした。

名物「アジの活け造り」

 店主の大森祐規さんは活魚を提供する居酒屋で約3年間修業し、同店を開業。店名は大森さんの祖父の名前からという。店舗面積は約14坪。席数は27席。

[広告]

 いけすに泳ぐアジを客の目の前で三枚おろしにする「アジの活け造り」(500円)が名物という。同メニューを注文した客には、残った骨を揚げた「骨せんべい」を100円で提供する。

 「日替り三種盛り」(680円)は、鶏の唐揚げや刺身などその日のお薦めメニューを盛り合わせで提供する。「三種盛り」という名前だが、7種類程度の料理が1皿にのる。大森さんは「この1品だけでおなかがいっぱいになってしまう人も多い」と話す。

 ランチメニューは、「日替定食」、和牛のすじを使う「カレー定食」(以上800円)、「お造り定食」(850円)を用意する。ご飯は大盛り、お代わりが無料。持ち帰りコーヒーを1杯サービスする。

 隣がホテル「モクシー大阪本町」のため、特に土日は外国人観光客の来店も多いという。大森さんは「メニューは日替わりなので、毎日来ても楽しめる店。3日連続で来店した人もいた。地域に愛される店にしていきたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は、11時~13時30分、17時~23時。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。