食べる 暮らす・働く

大阪・阿波座にパスタ専門店「ぱの家」 「スピード提供とリーズナブルな価格」売りに

店舗外観

店舗外観

  •  

 大阪・阿波座にパスタ専門店「ぱの家(や)」(大阪市西区阿波座1、TEL 06-6585-7665)がオープンして1カ月がたった。

麺を「シラターキ」に変更した「ぱの家特製 キーマカレーパスタ」

 ビーズソファ販売を手掛ける「Yogibo(ヨギボー) Japan」の運営会社「ウェブシャーク」(大阪市中央区瓦町3)が新業態としてオープンした同店。

[広告]

 パスタの持つ、おしゃれ、女性向けといったイメージを払拭(ふっしょく)し、ファストフードのようなスピード提供とリーズナブルな価格の実現を経営コンセプトに、290円からのパスタメニューを用意する。店舗面積は約33坪。席数は59席。

 メニューは、「ペペロンチーノ」(並盛り=290円、大盛り=340円、特盛り=390円)などのオイルソースを使ったパスタをはじめ、トマトソース、クリームソース、バジルソースなどをそろえる。同社事業部長の中川馨一郎さんのお薦めメニューは「ぱの家特製 キーマカレーパスタ」(580円)という。

 ベーコン、バター、キノコ(以上、90円)、生ハム、鴨肉(以上、190円)など追加トッピングも用意する。パスタの麺は、200グラム当たり12キロカロリーというこんにゃく麺「シラターキ」への変更(200グラム=150円)や、白ご飯(50円)への変更にも対応する。

 中川さんは「客層は30~50代の男性を中心に、女性、家族連れ、外国人観光客も来店している。今後もビジネス街を中心とした出店を目指し、メニューや価格を常に更新してベストプライスを追い求めたい」と意気込む。

 営業時間は10時~23時。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。