新型コロナ関連濃厚接触者の特定しない動きが全国…

暮らす・働く

船場経済新聞上半期PVベスト10発表 8割が飲食店記事、街に活気戻る

ランキング5位の店「功夫ラーメン」では打ち立て麺のラーメンを提供する

ランキング5位の店「功夫ラーメン」では打ち立て麺のラーメンを提供する

  • 12

  •  

 船場経済新聞の2022年上半期PV(ページビュー)ランキング1位は、「大阪市が臨時特別給付金10万円の給付受け付け開始 中央区役所は窓口設置」だった。

フルーツパフェ大福と名付けた「鴻池大福」

[広告]

 ランキングは、今年1月1日から6月30日までに配信した120本の「ヘッドラインニュース」からPVを集計したもの。10位までのランキングは以下の通り(カッコ内は掲載日)。

1. 大阪市が臨時特別給付金10万円の給付受け付け開始 中央区役所は窓口設置(2/3)

2. 阿波座に定食とおでんの店「食卓堂」 昼は一汁八菜の定食、夜はコース提供(3/2)

3. 大阪・本町の定食店が1周年 オリジナル焼き肉たれ丼提供、門真に2号店も(2/16)

4. 大阪・本町に和菓子店 東大阪から進出、フルーツパフェ大福「鴻池花火」も(6/28)

5. 大阪・本町にラーメン店 オーダー受けて打つ麺9種類、中国各地の味提供(2/28)

6. 大阪・本町の焼き菓子と創作フレンチ店が1周年 それぞれの菓子にファンも(2/10)

7. 本町のハンバーグ専門店が1周年 焼き石でジュッ、一日250食出た日も(1/20)

8. 大阪・北浜に天然温泉のホテル ネーミングは社内公募、55案から選考(1/31)

9. 大阪・本町にフードコート クラウドキッチン併設「横丁のように楽しんで」(1/14)

10. 大阪・本町にバー新店 飲み放題制、常連客から「お気に入り」酒の提供も(2/2)

 時短営業を要請した「まん延防止等重点措置」は3月21日に解除され、飲食店では通常営業ができるように。1位にコロナ関連記事がランクインするも、8割が飲食店の記事を占めた。活気が戻りつつある街を背景に、外食やレジャーに関心を寄せる人々の様子がうかがえる結果になった。

 7位のハンバーグ専門店「挽肉(ひきにく)マニア」は、2021年上半期ランキング・年間PVランキングでもランクイン。3期連続トップ10入りした結果に、本町の名物店として定着した様子が見て取れた。

 4位の和菓子店「ittan(いったん)五條堂」の記事掲載日は6月28日。本店は東大阪市で、看板商品の大福「鴻池花火」は全国から注文が寄せられるという。3日間の集計で上半期トップ10に入るアクセスの勢いに、同店への注目度の高さがうかがえた。

 2025年の万博開催を前にホテルの建築ラッシュが進むほか、タワーマンションが増え人口動態にも変化が見られる船場地域。変わりゆく街の表情をきめ細かに追い、下半期も船場の「今」を伝えていきたい。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース