新型コロナ関連大阪府の営業時間短縮協力金、第1…

食べる

大阪・江戸堀の焼豚専門食堂が1周年 「昼からもうひと頑張り」できる店に

梅牧基さん(左)と史子さん夫婦

梅牧基さん(左)と史子さん夫婦

  • 11

  •  

 焼豚専門の食堂「江戸堀 焼豚(チャーシュー)食堂」(大阪市西区江戸堀1、TEL 06-7222-1628)が4月8日、大阪・江戸堀にオープンして1周年を迎える。

一番人気という「焼豚定食」

 梅牧基さんと史子さん夫婦が切り盛りする同店。店内では2種類の焼豚を手作りする。国産豚バラ肉を「焼く」「煮る」を繰り返し、余分な脂を落とした「ちゃーしゅー」と、肩ロース・バラ肉などを特製タレに漬け込んで専用窯(がま)で焼き上げた「焼き豚」で、それぞれをメインにしたセットメニューを4種類提供する。店舗面積は10坪、席数は9席。

[広告]

 メニューの一番人気は肉が選べる「焼豚定食」(980円)で、メインを「ちゃーしゅー」か「焼き豚」、両方あいがけの3種類の中から選択できる。各定食には小鉢とピクルスが添えられ、小鉢は7~8種類、ピクルスは2種類を史子さんが毎日手作りする。「それぞれ季節の食材を使っている。夜は小鉢や一品のチャーシューをあてに飲んで帰る人も」と明かす。

 昨年のオープン前日は1回目の緊急事態宣言、今年の1周年直前には「まん延防止等重点措置」が始まり「コロナに翻弄(ほんろう)された一年だった」と言う梅牧さん。「店の営業はコロナ以前がないので何が正解か分からないままきたが、そんな中でも常連さんに恵まれた一年だった」と振り返る。「これからも、うちでお昼を食べてもらい、午後から頑張ろうと思ってもらえる店作りをしていけたら」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~21時(土曜は15時まで、営業時間は大阪府の時短要請に従う)。日曜・祝日、第2・第4土曜定休。新型コロナウイルス対策として、席の間にパネルの設置、消毒液の設置、定期的な消毒・清掃・換気などを行って営業している。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース