3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

大阪・江戸堀に焼豚専門食堂 緊急事態宣言翌日にオープンもリピーター定着

店主の梅牧さん

店主の梅牧さん

  • 73

  •  

 焼豚専門の食堂「江戸堀 焼豚(チャーシュー)食堂」(大阪市西区江戸堀1、TEL 06-7222-1628)が4月8日、大阪・江戸堀にオープンした。

一日15食限定の「豚汁定食」

 同店は店主の梅牧基さんが「おいしいのにメインにならない」というチャーシューを「主役にしたい」という思いでオープン。金融関係から転身、夫婦で店を切り盛りする。店舗面積は10坪、席数は13席。

[広告]

 同店のチャーシューは国産の生豚バラ肉を使用。肉を何度も煮たり炙(あぶ)ったりすることで余分な油を落とし、うま味だけを凝縮させるという。米は「チャーシューのたれと相性抜群」という奈良県産のヒノヒカリを使う。ランチメニューは「ちゃーしゅー丼(温玉のせ)」、毎日限定15食の「豚汁定食」(以上880円)など。

 オープン前日には緊急事態宣言が発令されたため、翌日のオープニングイベントは自粛。開店当初は店内飲食を取りやめ弁当のみ販売したという。梅牧さんは「大変な時にオープンしましたねという声もいただいたが、ありがたいことに今ではリピーターさんもついてくれた」と話す。

 店では新型コロナウイルスの感染対策として、席数を減らして席の間隔を開けたり、入り口ドアを開放したりなどをする。

 現在は営業時間を短縮し、店内飲食とテークアウトの両方で営業する。梅牧さんは「こんな時期だが、健康的でおいしい料理を提供して地域に貢献ができれば」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~21時(現在は17時まで、土曜は15時まで)、日曜・祝日・第2第4土曜定休。:

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。