新型コロナ関連4日、大阪市の現在陽性者数は40…

食べる

本町に居酒屋新店 「暖かみある店」、肉と魚は毎朝2つの市場で仕入れ

林さん(中央)とスタッフの原田さん(左)、濱崎さん(右)

林さん(中央)とスタッフの原田さん(左)、濱崎さん(右)

  • 22

  •  

 居酒屋「warmth kitchen(ウァームスキッチン)」(大阪市西区靱本町1、TEL 06-6445-5577)が12月15日、大阪・本町にオープンした。

キャビアが載った「インカのめざめ」のコロッケ

 店主の林大介さんはこれまでに焼き鳥店やすし店、鉄板焼き店など約10店舗を経営。料理はこれまでの経験を生かした一品料理を中心に提供する。店舗面積は約28坪、席数は30席。

[広告]

 同店の食材は林さんが毎朝、肉は鶴橋市場、魚は東部市場をまわり仕入れる。肉料理のお薦めは「切り落としステーキ」(100グラム1,280円)といい、部位はその日によって違うが、サーロインやヒレなどの高級肉が手頃に食べられるのが魅力という。スタッフには今が旬というジャガイモ「インカのめざめ」を使ったコロッケ(580円)が人気という。

 系列店に冷凍フルーツの卸売店があるため、ドリンクは冷凍フルーツを使ったものがそろう。ワインはグラスワインを赤・白を各4種類(500円~)提供。ボトルは赤・白を常時16種類ずつ、スパークリングワイン・シャンパンを合わせて5種類そろえる(以上2,500円~)。

 林さんは「店名のwarmthは『暖かみ』という意味。家で食べるような温かな雰囲気にしたい」と笑顔を見せる。「スタッフとお客様の間に壁がなく、家のようにくつろいでもらえる店にしていけたら」と意欲を見せる。

 営業時間は17時~翌1時(大阪府の時短要請中は21時まで)。日曜定休。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。