3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

大阪・本町にラーメンと焼き飯の店 「週8回食べられるラーメン」目指す

廻さん(左)と店長の木澤純一さん

廻さん(左)と店長の木澤純一さん

  • 24

  •  

 ラーメンと焼きめしの店「フラン軒」(大阪市中央区北久宝寺町3、TEL 06-7650-0078)が7月5日、大阪・せんば心斎橋筋商店街にオープンした。経営はラーメン店「鶏soba座銀」などを展開する「銀の葡萄」。

2種類の鴨肉が載った「冷やし中華」

 同店のコンセプトは「週8回食べられるラーメン」。ラーメンは通年で提供する「中華そば」(700円)と季節メニューの2種類を提供する。現在の季節メニューは冷やし中華(750円)で、メニューは3カ月ごとに替わるという。席数は24席。

[広告]

 ラーメンは焼き飯をセットにでき、「中華そば+焼きめしセット」が950円、「冷やし中華+焼きめしセット」は1,000円。スタッフの廻(めぐり)寛幸さんは「1,000円で、早い安いうまいものをおなかいっぱい食べてほしい」と力を込める。

 中華そばは東大阪市が発祥と言われる「高井田系」ラーメン。麺は極太麺でスープに濃口しょうゆを使う。焼き飯はネギや卵などのほか角切りにしたチャーシューが入り「シンプルな味で中華そばとの相性がばっちり」と言う。冷やし中華は卵・なると・きゅうりと鴨ロース・鴨肉のパストラミがトッピングされ、さんしょうオイルがアクセントにかかっている。

 「麺の量が多いからか男性客が多い」という同店。廻さんは「『フラン軒』は当社初の業態。今後はブランドを確立させて2店舗目、3店舗目と広げていけたら」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~23時。 

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。