3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

大阪・肥後橋に「餃子酒場サワキチ」 6種類の創作ギョーザ提供

店長の稲葉さん

店長の稲葉さん

  • 32

  •  

 居酒屋「餃子酒場サワキチ」(大阪市西区京町堀1、TEL 06-6225-7188 )が5月25日、大阪・肥後橋にオープンした。経営は「未知インターナショナル」(大阪市中央区)。

全種類のギョーザが楽しめる「餃子食べ比べセット」

 同店はランチタイムはマーボー麺などを提供する「スパイス食堂サワキチ」。夜は創作ギョーザがメインの居酒屋になる、二毛作スタイルで営業する。店舗面積は23坪、席数は29席。

[広告]

 提供する創作ギョーザは6種類。店長の稲葉宏明さんの名前を付けた「イナバの肉汁餃子(ギョーザ)」のほか、パクチーなどを入れた「オリエンタル餃子」、トマトやモッツァレラチーズを入れた「イタリアン餃子」、カレー味の「印度の餃子」、ピリ辛の「四川麻辣餃子」、エビや貝柱を入れた「海の餃子」を用意する(各6個入り各380円)。稲葉さんは「まずは全種類が載った食べ比べのセット(380円)で好きな味を見つけてほしい」と言い、「どの種類も好評で満遍なく売れている」と胸を張る。

 ドリンクは酎ハイ・ハイボールが280円、生ビール(中)が380円。ギョーザに合うというクラフトビールも用意する(各480円)。

 稲葉さんは「密を気にしなくていいようにテラス席も作った。一品料理もお手頃価格なので、たくさんの人にうちの味を楽しんでもらえたら」と期待を寄せる。

 営業時間は18時~22時30分。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。