食べる

大阪・阿波座「シティーファン」 自社製造の茶葉で台湾ドリンク提供

ドリンクを持つ「シティーファン」スタッフ。アイスのドリンクの蓋はパウチになっているので持ち歩きにも便利という

ドリンクを持つ「シティーファン」スタッフ。アイスのドリンクの蓋はパウチになっているので持ち歩きにも便利という

  •  
  •  

 台湾ドリンクの店「シティーファン(CiteaFun)」(大阪市西区靱本町3、TEL 06-6743-4666)が2月1日、大阪・阿波座にオープンした。経営は人材派遣などを手掛ける「M’sコンサルティング」。

甘塩っぱい味が特徴の「クリームチーズ紅茶」

 台湾に本店を持ち台南市に自社工場を構える同店では、台湾産の茶葉を独自に加工してドリンクを作る。ベトナム・ハノイにも店舗を展開、日本では同店が初の店舗になる。店舗面積は11坪、20席。

[広告]

 メニューは台湾の紅茶やジャスミンティーを使ったミルクティーなど。アイスとホットを合わせ、常時92種類のメニューを用意する。同社の藤田浩治社長は「ジャスミンティーは入れ方によって一番味に差が出るお茶だが、うちは使うお湯の温度も徹底的に管理して品質を保っている」と胸を張る。

 メニューは「ジャスミンミルクティー」(S=390円、M=430円)、「クリームチーズ紅茶」(同450円、 同490円)、「マンゴージャスミンティー」(同400円、 同440円)などで、タピオカ入りのドリンクもそろえる。

 フードはサンドイッチ(280円)や淡路島のタマネギを使ったカレーパン(160円)などを用意しており、11時まではモーニングメニューも提供する。

 藤田社長は「タピオカティーも用意しているが、うちは茶葉で勝負したい店。今後は出前にも力を入れてテークアウトを伸ばしたい」と意欲を見せる。

 営業時間は、月曜~金曜=7時30分~20時、土曜・日曜・祝日=8時30分から。 

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。