食べる

大阪・北浜に焼きショーロンポー店「食天下」 4個400円で皮もあんも手作り

森川さん(左)と文さん

森川さん(左)と文さん

  •  
  •  

 焼きショーロンポー店「食天下(しょくてんか)」(大阪市中央区瓦町2、TEL 06-7220-9048)が11月20日、大阪・北浜にオープンした。

肉汁があふれる焼き小籠包

 同店は、中国出身の文強さんと森川安紀さん夫婦が「中国の伝統的なおいしいものを、日本の人にたくさん食べてほしい」という思いでオープン。店舗面積は28坪、席数は5席。

[広告]

 「焼き小籠包」は4個セットで400円。「肉汁たっぷり」といい、文さんが上海の人気店で修業したという看板メニューで、皮も中のあんも店内で手作りする。ショーロンポーのほか、「酸辣湯(サンラータン)」(360円)、「小豆黒ごま団子」(410円)、「魯肉飯(ルーローハン)」(500円)を用意。各メニューは「焼き小籠包」とセットにすると50円安くなる。店内飲食のほか、テークアウトにも対応。

 森川さんは「中国各地で出会ったおいしいものを研究して提供している。来年はメニューも増やし、いろんな味を紹介できたら」と意気込む。

 営業時間は11時~20時(祝日は15時まで)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。