食べる

大阪・堺筋本町に中華居酒屋「満福」 ニンニクなしの自家製ギョーザも

左からオーナーの林祥福さんと店長の渡辺雅美さん、シェフの李俊生さん

左からオーナーの林祥福さんと店長の渡辺雅美さん、シェフの李俊生さん

  •  
  •  

 「中華居酒屋 満福 堺筋本町店」(大阪市中央区安土町1、TEL 06-6261-3849)が7月12日、大阪・堺筋本町にオープンした。

5人で20人前注文する客もいるという自家製ギョーザ

 谷町四丁目駅近くにある「中華居酒屋 満福」(内本町2)の2号店。広東料理を中心に、さまざまなエリアやジャンルの中華料理をそろえる。店舗面積は約28坪。席数は50席。

[広告]

 本店では「豚バラ軟骨柔らか煮」(463円)が特に人気メニューで、オーナーの林祥福さんは「絶対に食べてほしい」と話す。ニンニクを入れずに作る「手作り自家製焼き餃子」(352円)は、5人グループで来店し20人前を注文する客もいるという。全品持ち帰り可能。

 料理75品、飲み物50品から注文できる食べ飲み放題のコースは2,760円で、3人以上から受け付ける。一人客向けに、ドリンク1杯、焼きギョーザか春巻き、料理1品、小鉢の「満福セット」(1,111円)、ドリンク1杯、前菜・点心から2品、小鉢の「お疲れ様セット」(900円)も用意する。

 ランチは「酢豚定食」「チンジャオ定食」(以上723円)など8種類の定食セットメニューと、「マーボー豆腐丼&ラーメン」(788円、以上税別)など丼物とラーメンのセット、単品料理をそろえる。セットメニューは曜日ごとに日替わりで1品を割引価格で提供する。

 林さんは「皆さんに満腹で幸せになってほしいという思いで店名を付けた。ランチ、ディナーの営業が軌道に乗ったら、中華粥や揚げパンなど朝食の提供も始めたい」と意気込む。

 営業時間は、月曜~金曜=11時~15時、17時~22時30分、土曜・日曜・祝日=11時~22時。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。