3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

大阪・北浜にイタリアン「レパッツァ」 削りたてチーズや生ハム提供

マネジャーの田中洋和さん

マネジャーの田中洋和さん

  • 37

  •  

 イタリアン「Prosciutteria Re:Pazza (プロシュッテリア レパッツァ)」(大阪市中央区伏見町2、TEL 06-7710-1258)が7月8日、大阪・北浜にオープンした。

生ハム、チーズなど名物をそろえた「レパッツァ盛り」

 イタリアン、フレンチ、鉄板焼きなどの飲食店を展開する「レアル・ダイニング」(都島区御幸町2)の4店目となる同店。生ハムやチーズ、生パスタなどイタリア料理と料理に合わせたワインやクラフトビールをそろえる。店舗面積は約30坪。席数は40席。全席禁煙。

[広告]

 マネジャーの田中洋和さんによると、「サン・ダニエーレ」(850円)、「パルマ」(780円)、「スペック」(750円)などの生ハムやサラミ、イタリア産のチーズ「ロディジャーノ」を客の目の前で薄く削る「ラスパドゥーラ」(850円)が名物という。生ハム、サラミ、チーズ、パンを盛り合わせた「名物レパッツァ盛り」(2人前2,980円)も用意する。

 生パスタを使ったパスタ料理は、オイルベースのレモンパスタ「リモーネ」(1,150円)や、上にのったハンバーグを崩しながら食べる「ウルティモ」(1,650円)が特に人気という。

 グラスワインは、生ハムに合うという赤のスパークリングワイン「ランブルスコ」(500円)など22種類をそろえる。イタリア産のクラフトビールやサングリア、カクテルなどのアルコールのほか、イタリア産のかんきつ「チェドロ」を使った微炭酸のドリンク「バラデン チェドラータ」(700円)などのノンアルコールも用意する。

 ランチは、3種類の週替わりパスタや限定10食の「ハンバーグ・ボロネーゼ」、スープ、パン、ドリンク付きの「がっつりプロテイン・サラダランチ」(以上1,000円)などをそろえる。

 田中さんは「仕事終わりやデート、接待など、さまざまなシーンで利用できる店にしたい。軽くワインを飲んだり、パスタだけ食べたりなど、一人客も多いので気軽に来店してもらえたら」と話す。

 営業時間は、11時30分~15時30分、17時30分~23時。

Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。