学ぶ・知る

「大阪検定」受験受け付け開始 小中高生は初級受験無料、家族対抗戦も

大阪商工会議所地域振興部の田中翔子さん

大阪商工会議所地域振興部の田中翔子さん

  •  
  •  

 大阪商工会議所(大阪市中央区本町橋2)は現在、第11回「なにわなんでも大阪検定」の受験申し込みを受け付けている。

「大阪の祭り・イベント」がテーマの第11回大阪検定ポスター

 試験実施日は12月8日。試験会場は、大阪工業大学大宮キャンパス(旭区)、りそなグループ大阪本社ビル(備後町2)、関西経理専門学校(北区)の3会場。初級と上級の2種別の試験問題を設ける。今回は「大阪の祭・イベント」をテーマに、各級とも約1割のテーマ問題を出題する。

[広告]

 小学・中学・高校生の受験を促進するため、これまで大阪府内の小中高生に限っていた「初級無料受験制度」を今年から大阪府外にも拡大する。受験した小中高生の中から抽選で6人にUSJペアチケットを進呈する。

 高校生3人1組のチームを組み申し込むと「高校生対抗・大阪力NO.1決定戦」に参加できる。8位までに入賞したチームに表彰状と副賞の図書カードを授与するほか、優勝~3位までのチームにUSJ年間パス、優勝チームに2020年度天神祭参拝船乗船チケット、準優勝チームに花火大会鑑賞チケットを進呈する。

 小学生とその家族で2人以上のチームを組み申し込むと「家族対抗・大阪力NO.1決定戦」に参加できる。8位までに入賞したチームに表彰状と副賞の商品券を授与するほか、優勝チームには大阪市内のホテル宿泊券を進呈する。

 地域振興部の山元篤課長は「高校生や子どもを持つ家族にも広く大阪への郷土愛を持ってほしいと思っている。チームで挑戦することで試験勉強を協力して進められ、相乗効果もあるのでは」と話す。

 受験料は、初級=3,800円(大学生などの学生は1,000円、小・中・高校生は無料)、上級=5,800円。申し込みは10月15日まで。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。