学ぶ・知る

大阪・本町で「対話」通じて人権を考えるワークショップ

(右から)ヒューライツ大阪の金夏琳さんと堀口真由さん

(右から)ヒューライツ大阪の金夏琳さんと堀口真由さん

  •  
  •  

 「対話をとおして“人権教育”に出会いなおす~自分の中にある複数のアイデンティティをみつめる~」が3月9日、ヒューライツ大阪(大阪市西区西本町1、TEL 06-6543-7003)で開催される。

ヒューライツ大阪のエントランス

 主催は、国際的人権情報基準に関する情報を発信する団体「一般財団法人アジア・太平洋人権情報センター」。

[広告]

 イベントは、ゲストである話し手と聞き手の談話や参加者の質疑応答など「対話」をベースに進行するワークショップ形式。「マイノリティーと教育現場をつなぐ場を設けること」を目指して2017年8月から不定期開催している。

 5回目となる今回のキーワードは「複合差別」。話し手はろうLGBTQを支援する団体「Deaf LGBTQ Center」の山本芙由美さんが務める。

 同団体職員で企画担当の金夏琳さんは「アイデンティティーが複数あればそれぞれに差別があることはあまり知られていない。少人数で対話を深め、複合的な差別があることを知り、考えていければ」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は14時~16時30分。参加費は500円(ヒューライツ大阪会員は300円)。申し込みは電話かメールで受け付ける。締め切りは3月8日。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。