暮らす・働く

大阪・北御堂で「アラサーからはじめる仏教」 蓮如上人ゆかりの菓子振る舞いも

前回開催時の様子(写真提供=北御堂)

前回開催時の様子(写真提供=北御堂)

  •  

 イベント「アラサーからはじめる仏教」が2月9日、大阪・御堂筋沿いの北御堂(大阪市中央区本町4、TEL 06-6261-6796)で開催される。

北御堂前で僧侶たちがチラシ配りも

 西本願寺(京都府京都市)別院の同所で、30歳前後のアラサー世代を中心とした若者が寺に来るきっかけづくりを目的として開く。2016年9月に第1回を開催し、今回が4回目。アラサー世代の僧侶3人による法話や読経、日常の悩み相談や仏教に関する疑問などに答える座談会を行う。

[広告]

 法話を担当する僧侶は、信楽寺(高槻市)の竒山(はやま)真喜さん、信徳寺(旭区)の小西善憲さん、光照寺(東淀川区)の若林唯人さんの3人。

 座談会では、参加者に茶菓子として枚方市の名物で蓮如上人ともゆかりがあるという「出口団子」を振る舞う。担当者の楯正慶さんは「毎回、命に関わる悩みや恋の悩み、夫婦関係の悩みなど、さまざまな悩みを持った人が参加している。一緒に菓子を食べながら、仏教的視点からの問い掛けやアドバイスができれば」と話す。

 イベント終了後には会場を移動して懇親会を行う。前回はイベント参加者約50人中、半数近くが懇親会に参加したという。

 楯さんは「最近は毎回参加し続けている常連さんも増えてきた。もっと頻繁に開催してほしいという声もあるので、検討していきたい」と意気込む。

 開催時間は16時~18時。参加無料(イベント終了後の懇親会は会費3,500円)。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。