食べる

大阪本町に鶏料理専門店「楽鶏」 ランチ後はたこ焼きと「たことり」販売

店主の秋山真二さん

店主の秋山真二さん

  •  
  •  

 鶏料理専門店「楽鶏(らくちき)」(大阪市西区西本町1、TEL 06-6536-7789)が1月24日、大阪・本町にオープンする。

南蛮酢が別添えの「チキン南蛮風クリスピー」

 朝引きの鶏肉を塩こうじに一晩漬け込んでから使う料理を提供する。店舗面積は約9坪。席数は14席。

[広告]

 ランチは、焼いた鶏もも肉の上に揚げた鶏皮を散らす「若鶏もも肉のパリパリ鉄板焼」や、砕いたコーンフレークを衣にして揚げた鶏にタルタルソースをかけ南蛮酢を別添えした「チキン南蛮風クリスピー」(以上780円)、鶏ミンチを使った「鶏マーボー豆腐」(690円)などを用意する。ご飯の大盛り、お替わり無料。店頭で日替わり弁当の販売も行う。

 ディナーは、朝引き鶏を卓上ミニ七輪(しちりん)で焼く「七輪焼」や一品料理、揚げ物、鉄板焼きなどの鶏料理を提供する。日本酒は全国47都道府県の地酒をカップ酒でそろえる。

 14時~17時は「たこ焼き」と、たこ焼きのタコを鶏肉に変えた「たことり(仮)」(以上、6個380円、8個480円)を販売する。

 店主の秋山真二さんは「接客・飲食の仕事が好きな人たちが心から楽しんで働ける場所を作りたいと思いオープンした。お客さんと名前を呼び合えるような、人と人とのつながりある店になれば」と話す。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、たこ焼き・たことり販売=14時~17時、ディナー=18時~24時。日曜・祝日は夜のみ営業。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。