天気予報

31

18

みん経トピックス

大阪で新成人が日本酒体験大阪本町でイスラエル護身術

大阪北浜の猫雑貨店が5周年 160種類の手芸パーツも

大阪北浜の猫雑貨店が5周年 160種類の手芸パーツも

「ラ・メゾン・デュ・シャノワール」オーナーの廣田夫妻

写真を拡大 地図を拡大

 北浜の猫雑貨店「La Maison du Chat Noir(ラ・メゾン・デュ・シャノワール)」(大阪市中央区道修町1、TEL 06-4708-4086)が2月22日に5周年を迎えた。

廣田さんデザインの猫グッズ

 店主はインテリアデザイナーの廣田敬一さん。夫婦で「猫と暮らす」をコンセプトにしたオーダー家具のショールームをオープンし、同時に猫にちなんだ雑貨の販売も始めた。次第に雑貨の点数が増えたため、現在は家具の展示をやめているが、「復活できれば」と再開に意欲を見せる。

 猫をモチーフにした国内外のヴィンテージ雑貨や絵本などを取り扱う同店。アクセサリーのパーツとなるボタンやチャームも160種類ほどそろえており、手作り作家に好評だという。

 廣田さんがデザインするブランド「quality living with cats(クオリティー・リビング・ウィズ・キャッツ)」の猫用首飾りや猫じゃらしなどの販売も。首飾りはマグネットで着脱でき、なるべく猫の負担にならないよう設計されている。

 廣田さんは「猫が使うグッズにも品質のよいものを提案していきたい」と話す。

 営業時間は13時~19時。営業日は木曜・金曜・土曜。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アメリカンビーフのハラミを使用。価格は1,280円。ランチでは同じ肉を使用した「牛ハラミステーキランチ」(900円)として提供する。(写真提供=ガブリエル本町) 大阪・西本町に、鉄板バル「GABURI-el(ガブリエル)本町」(大阪市西区西本町1、TEL 06-6563-9737)がオープンして1カ月がたった。運営はフィールズプランニングオフィス(芦屋市)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング