見る・遊ぶ 暮らす・働く

大阪・御堂筋をバブリーダンスで縦断 荻野目洋子さん「やり直し」熱唱

荻野目洋子さんと登美丘高校ダンス部のコラボパフォーマンス(写真提供=久岡写真事務所)

荻野目洋子さんと登美丘高校ダンス部のコラボパフォーマンス(写真提供=久岡写真事務所)

  •  

 大阪市内を南北につなぐメインストリート・御堂筋で11月12日、スポーツとパフォーマンスの祭典「御堂筋オータムパーティ2017 御堂筋ランウェイ」が開催され、「バブリーダンス」で注目を集める大阪府立登美丘高校ダンス部と歌手・荻野目洋子さんのコラボパフォーマンスなどが披露された。

400メートルのランウェーを歩いて登場したダウンタウン

 当日12時40分頃、御堂筋の久太郎町3交差点から新橋交差点までの区間を車両通行止めにして、競技場をイメージしたグリーンの「フィールド・ランウェイ」を設置。

[広告]

 オリンピックと世界陸上で通算17個の金メダルを獲得したアリソン・フェリックス選手が400メートルのランウェーを駆け抜けるパフォーマンスや、元メジャーリーガーの黒田博樹さん、石井一久さん、斎藤隆さんとリトルリーグの子どもたち30人によるキャッチボールリレーなどを披露した。

 登美丘高校ダンス部は、現役部員だけでなくOGも合わせた総勢100人でダンスパフォーマンスを披露。荻野目洋子さんは北側のメインステージで、同ダンス部のダンスに合わせて歌唱する予定だったが、マイクの音が出ないアクシデントが発生。「最初から歌わせて」と訴えると、沿道からも拍手が起き、「今のはリハーサル」と仕切り直してランウェーを縦断しながら熱唱した。

 プログラムの最後には、ランウェーの南から「2025大阪万博誘致アンバサダー」に就任したダウンタウンの2人が登場。松井一郎大阪府知事、吉村洋文大阪市長らとともに、2025年の万博誘致をアピールした。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。