新型コロナ関連大阪市の現在陽性者数は1,724…

食べる 暮らす・働く

大阪・靱本町に日本酒バル 全種均一価格、ワイングラスで提供

スタッフの藤井ひかるさん(左)と中西里依さん

スタッフの藤井ひかるさん(左)と中西里依さん

  • 79

  •  

 大阪・靱本町に9月27日、日本酒バル「ポン酒とお魚 ジョウ燗(かん)ヤ」(大阪市西区靱本町1、TEL 06-6448-7050)がオープンした。

全国から直送の海産物を使う料理

 居酒屋「丁度ええとこ 上燗(じょうかん)や」(土佐堀)の系列店。店主の森悠介さんによると、「敷居の高い印象がある日本酒を、若い人や女性にも気楽に楽しんでほしい」との思いから開店したという。店舗面積は約10坪。席数は全31席(うちテラス席8席)。

[広告]

 日本酒はワイングラスに注ぎ、全ての銘柄を均一価格(60ミリリットル=421円、90ミリリットル=583円、150ミリリットル=907円、270ミリリットル=1,598円)で提供する。酒販店「とめ河」(岸和田市)から仕入れたという日本酒を常時24種類そろえる。

 料理は、全国各地の漁港から直送された海産物をメインに、日替わりで提供する。愛媛県宇和島産のサワラ、ツバス、鹿児島県産のカンパチ、ミギマキ、ホウライヒメジなど、その日仕入れた魚を使った「お造り盛り合わせ」(小=1,058円、大=1,598円)、塩焼き、煮付けなどを用意する。

 森さんは「20代~40代の、比較的若いお客さんが多く来店している。顔を合わせて同じ時間、空間を共有するコミュニケーションの場として、日常やデート、記念日などにも、この店を活用してほしい」と話す。

 営業時間は17時~24時。日曜・祝日定休。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。