天気予報

35

26

みん経トピックス

セントレジスで新ビュッフェ大阪・御堂筋で揚げピザ販売

大阪・本町に水曜営業のカレー店 「グルテンフリーのカレー」コンセプトに

大阪・本町に水曜営業のカレー店 「グルテンフリーのカレー」コンセプトに

「ポーリのカレー屋さん」店主の樫下さん

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・本町に4月、「ポーリのカレー屋さん」(大阪市中央区淡路町2)がオープンした。

グルテンフリーの「カレープレート」は野菜も豊富

 水曜のみ営業する同店。店舗面積は12坪。席数はテーブル席20席、カウンター席5席。

 店主の樫下恵さんは「約20年前からカレー作りを始め、10年前からイベントに出店してきた。いつかオフィス街でランチの店を出したいと思っていたところ、知り合いを通じて当店の場所に巡り合い、多くのカレー好きの友人らの協力を得てオープンにこぎ着けた」と話す。

 提供するカレーは、「グルテンフリーの体にやさしいカレーをコンセプトに、辛すぎず、胸やけしないのが特徴」という。玉ねぎを約4時間かけてじっくりと炒め、独自にブレンドしたスパイスを使う。野菜を彩りよく取り入れたカフェスタイルの盛り付けで、見た目にもこだわる。

 ランチメニューの「カレープレート」(1,000円、一日20食限定)は、「コフタカレー(肉団子入りのカレー)」などのカレーをメインに、2種類から選べる合いがけカレーを、副菜の「サブジ」、チャイなどと一緒に提供する。合いがけカレーは、キーマカレーやグリーンカレーなどで、無料のお代わり注文にも対応する。

 樫下さんによると、近隣の会社員や主婦らが訪れるほか、カレー好きの人々の間で口コミが広まり、13時頃には完売する日が続いているという。「一人でも多くの方にカレーを食べてもらえるよう、長く続けていきたい」と話す。

 営業時間は11時~15時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

店舗面積は17坪。席数は26席。客層は30代~50代の会社員が中心。客単価は4,000円。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。

アクセスランキング