天気予報

32

26

みん経トピックス

大阪のIT企業でヨガ研修大阪本町に電子たばこ専門店

大阪・本町に熟成肉がメインのイタリアン スパークリングワイン50種も

大阪・本町に熟成肉がメインのイタリアン スパークリングワイン50種も

入り口に熟成庫を設置した「ボノセコンド」の店舗外観

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・南本町に4月17日、「スパークリングワインと熟成肉のイタリアン ボノセコンド」(大阪市中央区南本町2、TEL 06-6271-0840)がオープンした。

数量限定の「熟成牛タン炭火焼き」

 同店は、梅田の「熟成肉とワインのイタリアン ボノ」(北区)に次ぐ2号店。熟成肉へのこだわりはそのままに、スパークリングワインに特化して常時50種類を取りそろえる。店舗面積は40坪。席数は、テーブル46席、カウンター6席。30~40代の会社員らを中心に、幅広い層が訪れている。客単価は3,500円~4,000円。

 料理に使う熟成肉は、店の入り口に設置した熟成庫で温度、湿度、風の条件を徹底管理し、安定した環境下で約35日間かけて熟成させる。肉汁が出ないよう炭火で表面を焼いた後は、遠赤外線で約40分かけて、じっくりと焼き上げる。

 熟成肉のメニューの、「熟成牛タン炭火焼き」(1,880円)は、牛1頭から2キログラム程度しかとれない希少部位のうち、さらに脂ののった部位だけを使っているという。その他、「35日熟成 黒毛和牛ランプ炭火焼」(1,680円)、「20日熟成 茶美豚肩ロース炭火焼」(1,280円)などを提供する。

 サイドメニューには、泡をイメージしたふわふわの卵ソースが特徴の「ローマ風バブルカルボナーラ」(880円)、「フォアグラレーズンのカナッペ」(480円)、「カラスミセロリ」(380円)など、スパークリングワインに合うおつまみをそろえる。「サツマイモのゴルゴンゾーラアリゴ」(480円)には、バゲット(8枚入り200円)を付けることもできる。

 スパークリングワインは、熟成肉と相性のいいものをシニアソムリエがセレクト。ブルーカラーの「ラ・ヴァーグ・ブルー」(4,150円)、金箔入りの「ブルーナン・22K ゴールドエディション(金箔入り)」(3,550円)、食用のブドウを使った「日本のあわ 穂坂マスカットベリーA」(3,550円)などをそろえる。そのほかのドリンクは「サングリア」(500円~)、ワインカクテル(500円)、ビール(420円~)も扱う。

 ランチメニューは、数量限定の「特製ステーキランチ」(880円)、「特製ハンバーグランチ」(780円)など。いずれもサラダ、ライスまたはパンが付く。休日には、「炭火焼き黒毛和牛熟成肉のロースト」がメイン料理のシェアランチ(1,580円、以上税抜き)を用意する。

 営業時間は11時~15時、17時~23時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

今年は清水白桃を使ったプレミアムな「清水 白桃ゼリー」も販売を開始した。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。

アクセスランキング