食べる 暮らす・働く

大阪・堺筋本町に台湾まぜそば店「やまひで」 選べる辛さ3段階

「麺屋やまひで」の新田店長

「麺屋やまひで」の新田店長

  •  

 大阪・堺筋本町に「麺屋やまひで」(大阪市中央区久太郎町1、TEL 06-6484-5892)がオープンして3カ月が過ぎた。

看板メニューの「台湾まぜそば」

 席数はカウンター10席。同店の看板メニューは「台湾まぜそば」。辛味のあるミンチ肉にしょうゆダレ、にぼしスープをからませニンニク・ニラ・のり・魚粉でアクセントをつける。「追い飯」無料。

[広告]

 新田和也店長は「まずは辛めの状態で食べ、その後にお酢でさっぱり味を楽しんでもらい、シメに追い飯でご飯と一緒に食べるという、『三度おいしい』食べ方がお薦め」と話す。

 客の多くは近隣の会社員で、男性客が7割を占める。「地方出身の方が多く、夜はスタッフが積極的に客とコミュニケーションをとって話をしている」とも。

 辛さは、辛め・普通・辛さ控えめの3段階を用意する。女性客の9割は辛めを注文するという。

 新田さんは「お客さま同士が仲良くなれるようなラーメン屋にしたい」と意欲を見せる。

 営業時間は、11時~15時、17時~22時。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。