暮らす・働く

大阪本町に仮眠室「リラスペース」 米発ビーズソファ「ヨギボー」も

「リラスペース」で一番人気だというヨギボークッション席

「リラスペース」で一番人気だというヨギボークッション席

  •  
  •  

 大阪・本町の御堂筋沿いに仮眠室・読書室「rela-space(リラスペース)」(大阪市中央区久太郎町3)がオープンして1カ月がたった。

漫画喫茶のような店内、奥には女性専用の個室も

 寝転がったり読書をしたりすることが可能な個室を1時間から提供している同店。アメリカ発のビーズソファ「ヨギボー」やリクライニングソファ、仕事にも適したデスク席を用意する。店舗面積は45坪で、席数は30席。経営はNEGOHAN(北区)。

[広告]

 500冊以上の書籍・漫画を自由に読むことができる。全室に電源コンセントを備え、Wi-Fiの使用が可能。フリードリンク制。

 利用者のおよそ半数はスーツ姿の男性会社員で、女性客は全体の2割程度。中には、休憩ではなく仕事をする客や週に1度利用する常連客もいるという。

 代表の小野さんは「自分が忙しい時期に休憩を取る場所がなく、使いたいと思うものを作った。『昼寝スペース』の需要があるのか手探りの状態。今後の展開も柔軟に考えていけたら」と話す。

 利用料金は、1時間=500円、1日=3,000円。営業時間は11時~21時(土曜・日曜は17時まで)。祝日定休。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。