買う 暮らす・働く

大阪・御堂筋に米国発ビーズソファ「Yogibo」、国内初の旗艦店

Yogiboの座り方を教えてくれる岸村さん

Yogiboの座り方を教えてくれる岸村さん

  •  

 大阪・本町の御堂筋沿いに11月27日、米国のビーズソファ「Yogibo(ヨギボー)」の国内初旗艦店「Yogibo御堂筋本町店」(大阪市中央区瓦町3、TEL 06-4400-7593)がオープンした。

和室にYogiboを置いてみると

 「Yogibo」が日本で発売されたのは昨年11月。EC関連事業を手掛けるウェブシャークが、米国Yogibo社に掛け合い日本輸入総代理店の契約を取りつけ、ネット販売からスタートした。

[広告]

 今年2月、あべのキューズモール(阿倍野区)に実店舗1号店をオープン以来、現在までに9店舗をオープン。同店は7店舗目となるが、150坪の広い店舗面積と御堂筋の路面店であることから、日本国内初の旗艦店として位置づける。

 店内は、子ども部屋、和室、ベッドルームなど7つのタイプの部屋を再現し、部屋全体をコーディネートしてソファを展示する。人気商品は、長さ170センチ、幅70センチ、厚み45センチの「Yogibo Max」(3万6,800円、税別)という。

 同店を運営する「Yogibo Japan」の岸村大安さんは「店舗というよりショールーム。色や大きさなどで迷っても、部屋にYogiboを置くとどうなるかイメージしてもらいやすくなった」と話す。

 ターゲットは30代~40代のファミリー層が中心だが、会社帰りに立ち寄るシニア世代のビジネスマンも多いなど、新たな顧客層の開拓にもつながっているという。

 「地下に倉庫があるので、当日持ち帰りたいというニーズにも対応できる」と岸村さん。「今後は関東にも旗艦店を出店したい」と意欲を見せる。

 営業時間は10時30分~20時。

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。