天気予報

30

22

みん経トピックス

本町のIT企業が0円廃車大阪本町の缶詰バー5周年

大阪・丼池ストリートに手まりおにぎり専門店 同級生コンビが手作り

  • 0
大阪・丼池ストリートに手まりおにぎり専門店 同級生コンビが手作り

TEMARIYA南本町店・オーナーの岡島さんと店長の梶川さん

写真を拡大 地図を拡大

 大阪・本町の丼池(どぶいけ)ストリートに、一口サイズの手作りおにぎり専門店「TEMARIYA 南本町店」(大阪市中央区南本町3、TEL 06-6484-7719)がオープンして2カ月がたった。

混ぜ込みやトッピングでいろんな味を楽しめるおにぎり

 手まりずしのような一口サイズが特徴の手作りおにぎりを、毎日10~12種類提供する同店。イートイン4席(混雑時は6席まで追加)。価格は1個=50円~70円。

 店主の岡島利行さんと店長の梶川朱美さんは中学・高校の同級生。共に飲食業は未経験だったが、2年前の同窓会で再会した際に開業の話で意気投合、同店のオープンが実現した。一口サイズにした理由について、岡島さんは「コンビニのおにぎりが大きいと思った。このサイズだと少しずつ色んな種類の味を楽しめる。大手に追随されたとしても、この値段でこの手間はかけられないはず」と話す。

 おにぎり作りは主に梶川さんが担当。おにぎり以外にも具だくさんの「日替わりスープ」(100円)や各種おでん(1種=50円~)、総菜を提供する。「1番のおすすめはシンプルな塩おにぎり。米自体の味を味わってほしい」と岡島さん。「ちょうど今は新米の季節なので、さまざまな産地の米を仕入れ、日によって変えていく」とも。

 客層は近隣のオフィスに勤める女性がメーンだが、徐々に男性会社員の利用も増えてきたという。夕方以降の時間帯は、「バー営業」としてビールやチューハイなど各種アルコールを300円均一で提供。「帰宅前の『ちょい飲み』ニーズに応えた」という。

 岡島さんは「今後、店舗を増やしていければ、という思いを込めて店名に『南本町店』と入れた」と将来の多店舗展開に意気込みを見せる。

 営業時間は11時~22時。土曜・日曜・祝日定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

600種以上の手拭いが並ぶ店内で接客する西山さん。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。

アクセスランキング