3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

大阪・江戸堀にカフェ併設ホステル 海外からの観光客に人気

世界中からの宿泊客に対応するホステルのスタッフ

世界中からの宿泊客に対応するホステルのスタッフ

  • 0

  •  

 大阪・江戸堀にカフェを併設したホステル「ARK HOSTEL&CAFE DINING」(大阪市西区江戸堀1、TEL 06-6136-6550)が7月21日にオープンした。運営はクピード。

「ごちそう野菜」のサラダバー

 代表の谷角速斗さんは中学高校時代をオーストラリアで過ごした経験を持つ。ビジネスホテルを経営する知人に影響を受け業界入りを決意。「世界中から人が集う空間を」と開業した宿泊施設は、気軽に泊まることができるドミトリーを中心としたホステル。元はオフィスビルだった建物は大阪駅からも近く、肥後橋駅から徒歩1分と立地に恵まれている。

[広告]

 同ホステルは2階から5階が宿泊施設で、最大収容人数は106人。ドミトリーの他に家族やグループで利用できる和室もあり、低価格な宿泊施設として世界中からさまざまな人が訪れる。客層は海外からの観光客が9割を占め、日本の利用者の中には就職活動中の学生や出張で来阪したビジネスマンもいるという。

 建物1階のカフェ・ダイニングで提供する野菜は、日本全国の契約農家から直送。こだわりの野菜が味わえるサラダバーや野菜を練り込んだパスタが好評を得ている。

 オープン後の反応について谷角さんは、「オープン4日で満室となり、予約サイトの口コミを見て予約するお客さまやリピーターが多い」と早くも手応えを感じている。「同ホステルを通してお客さま同士が触れ合い、新たな刺激を受けてくれれば」とも。今後の予約状況については、連日ほぼ満室が続いているという。

 受付時間は、8時~14時、15時~22時(チェックイン=15時~22時、チェックアウト=11時まで)。カフェ・ダイニングの営業時間は11時~23時。1泊当たりの宿泊料金は、男性女性混合のドミトリー=1人2,900円~、女性専用ドミトリー=1人3,000円~、和室=2人1万5,000円~。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。