3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

大阪京町堀「インテリア ブックワームカフェ」2周年 こだわりの洋雑誌セレクト

建築やデザイン系の洋雑誌はオーナー夫妻がセレクトし、毎月取り寄せている

建築やデザイン系の洋雑誌はオーナー夫妻がセレクトし、毎月取り寄せている

  • 0

  •  

 大阪・京町堀の「インテリア ブックワームカフェ」(大阪市西区京町堀1、TEL 06-6147-7447)がオープン2周年を迎えた。

メニューの「サーモン アボカド オープンサンド」「レモンソーダ」

 店舗デザインを手掛けるオーナー夫妻が運営する同カフェ。仕事の拠点を構えるに当たり、普通のデザイン事務所ではなくさまざまな人が集まれる場所にしたいとの思いから、カフェスタイルを選んだ。四つ橋筋の東側に面した大きな窓が目印。店舗面積は約4坪、席数は10席。

[広告]

 建築、インテリア、デザイン、料理などの輸入洋雑誌や書籍は、オランダやオーストラリアなどから、毎月10数種をセレクトして取り寄せている。壁面をほぼ天井まで雑誌や書籍が占め、カフェの利用客は自由に手に取って読むことができる。中には一般の書店では店頭での取り扱いが少ないものもあり、要望があれば販売にも応じる。店名の「ブックワーム(本の虫)カフェ」は、こだわりを持って集めている同店の雑誌や本に由来。

 京町堀への出店は、幹線道路に面していること、近隣にデザイン事務所も多いことが決め手となった。「アイデア創出に役立つような雑誌も多数あるので、ご近所のクリエーターに、このカフェを打ち合わせなどに利用してもらえたら」と同店オーナー。雑誌好きな女性会社員の来店も目立つという。

 カフェのメニューを決める際には、オーナー夫妻が訪れたシドニー、メルボルンなどのオーストラリアのカフェを参考にした。主なメニューは「ハムエッグサンドイッチ」(450円)、「ローストビーフ オープンサンド」(800円)、「リコッタパンケーキ ハニーレモン」(1,000円)、「カプチーノ」「レモンソーダ」(以上400円)など。

 営業時間は10時30分~19時30分。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。