食べる

堺筋本町に創作洋食店 牛を一頭買い、50グラムから注文できるグリルも

エグゼクティブシェフの長井章二さん(左)とスタッフ

エグゼクティブシェフの長井章二さん(左)とスタッフ

  • 11

  •  

 創作洋食店「グリルモトカラ 堺筋本町店」(大阪市中央区備後町1、TEL 06-6271-0088)が8月28日、大阪・堺筋本町にオープンした。

ランチの「ロースステーキランチ」

[広告]

 店舗面積は46坪で、席数は60席。西中島と梅田にも店舗がある。開店の経緯について、エグゼクティブシェフの長井章二さんは「西中島と同じようなビジネス街の堺筋本町で、これまでのノウハウを生かして出店しようとなった」と説明する。

 同店の看板メニューは部位を指定して注文する牛肉のグリル。同グループでは岡山のブランド牛・備前黒牛を牧場直送で一頭買いする。客は50グラム単位で注文できるという。長井さんは「部位は21種類。1頭から500グラム程度しか取れない希少部位の千本筋やネクタイなどもある」と胸を張る。一品料理はその日のお薦め部位を盛り合わせた「備前黒牛の部位3種盛り合わせ」(S=2,300円、L=2,800円)という。

 ランチは平日は8種類を、土曜は10種類を、それぞれ用意。長井さんは「平日は100グラムのロースステーキランチ(900円)と150グラムのリブロースステーキランチ(1,200円)がよく出る。いずれも国産牛なのでお値打ち価格」と話す。

 平日は近隣に勤める会社員、週末は会社員のほか住民の利用が多いという同店。「今後もっと認知を広げたい。並んで待ってもらえるくらいランチタイムがにぎわう店になれたら」と期待を寄せる。

 営業時間は、11時30分~14時30分、17時~23時(土曜は16時~23時)。日曜・祝日定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース