見る・遊ぶ

御堂筋でアートイベント 会場23カ所、若手からベテランまで参加

会場の一つ御霊神社

会場の一つ御霊神社

  • 17

  •  

 アートイベント「大阪御堂筋アート2022」が大阪・御堂筋周辺で始まって2週間がたった。主催は「アートコネクト実行委員会」。

御霊神社境内のインスタレーション作品

[広告]

 11月1日に始まり、今回が7回目。期間中、御堂筋周辺の建物内でアート作品を展示する。イベントは2015(平成27)年に「そぞろ歩きアート展」としてスタートし、2016(平成28)年から「大阪御堂筋アート」と名称を変更。アートを通じて大阪の文化都市としての地位向上を目指すほか、若手アーティストの発掘・育成も行う。

 会場は梅田から心斎橋にわたる23カ所で、約40のアーティストと団体が参加する。作品は絵画や立体作品、書などで、ビルのエントランスや寺社、商業施設などで展示。今年は大阪芸術大学工芸学科・金属工芸コース合同研究室と日本水墨画美術協会理事長・濱中応彦さんが初参加する。実行委員会の國米和子さんは「伝統的な作品から現代美術、若手からベテランまで幅広いジャンルの作品を展示している」と説明する。

 2020年はコロナ禍のため中止したという同展。國米さんは「今年は東北や東京からの観光旅行客からの問い合わせがあり、地元以外の人も見てくれているようだ」と明かす。「展示会場は普段の日常生活の場所。いつもは美術館やギャラリーに行かない人もアートを身近に感じてもらえたら」と来場を呼びかける。

 11月26日まで(大阪市役所市民ロビーの展示は11月22日~12月2日)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース