新型コロナ関連大阪市の現在陽性者数は1,758…

食べる

大阪・北浜に居酒屋「羅漢」 日本酒は週替わりで24種類提供

店長の諸谷さん

店長の諸谷さん

  • 50

  •  

 居酒屋「羅漢(らかん)」(大阪市中央区平野町2、TEL 06-6484-8443)が11月2日、大阪・北浜にオープンした。

バゲットを添えた「牛すじの煮込み」

 同店は裏なんばで25年営業、建物の老朽化に伴い移転オープンした。店舗面積は約30坪、席数は28席。

[広告]

 店の売りは地魚と地酒で、メニューは定番料理のほか日替わりの一品料理もそろえる。魚は毎朝、店長の諸谷(もろや)昇さんが野田の中央市場に行って仕入れるという。

 看板料理は造り盛りで、3種(980円)と5種(1,580円)を用意。「今の時期ならブリやサワラ、生ガキなどを盛る。フグを入れることも」と明かす。

 通年提供する定番料理では牛すじの煮込み(580円)がよく出るという。「かつおダシで炊いた和風の味だがパンにも合う。つゆだくに作っているので、バゲット(180円)にひたして食べるのがお勧め」と説明する。

 地酒は「いろんな種類を飲んでほしい」という思いから、24種類以上を毎週変えて提供するという(各680円)。

 ランチはサバの煮付け定食(900円)、生鉄火丼定食(1,000円)など5種類を用意。みそ汁と小鉢2品、漬物が付く。

 平野町にも系列店が2店舗あるという同店。諸谷さんは「遠くからでも足を運んでもらえるような魅力ある店になり、地域全体を盛り上げていけたら」と意欲を見せる。

 営業時間は11時30分~14時、17時~23時(大阪府の時短要請中は21時まで、土曜は夜営業のみ)。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。