食べる

本町「曽和料理店」開店1周年 生産者の顔が見える食材で欧風料理提供

店主の曽和さん

店主の曽和さん

  • 36

  •  

 洋食店「欧風食堂 曽和料理店」(大阪市中央区北久宝寺町4、TEL 06-7708-3297)が6月3日、大阪・本町にオープンして1年を迎えた。

ガラスプレートが涼しげな「アップルマンゴーとメロン、マスカルポーネの生ハム巻き」

 シェフの曽和陽一さんは約18年、フレンチレストランなどで勤務。カウンター越しに客とコミュニケーションを取りながら、フレンチにこだわない欧風スタイルの料理を提供する。店舗面積は14坪、席数は15席。

[広告]

 ランチは「とろとろ牛ほほ肉のビーフシチュー」や「骨付き鶏もも肉のコンフィ」などの日替わり2~3種類、カレーやオムライスなどの定番メニューを3種類用意する(850円~1,000円)。同店ではパンとバターが自家製で、パンとバターはお代わり自由。

 ディナーはアラカルトとコース料理を用意。「アップルマンゴーとメロン、マスカルポーネの生ハム巻き」(1,000円)、「もち豚ロースの低温ロースト」(1,400円)など。「野菜などは地元和歌山の友人農家から、マンゴーとメロンは宮崎出身のスタッフの実家から直接取り寄せている」という。一人で訪れる客が利用しやすいよう、一部のメニューはハーフサイズにも対応。コースメニューは2,600円から。ワインはグラスワインのほかボトルワインを30種類以上用意する。

 曽和さんは「コロナの影響で大変だったが、これからもゆっくり右肩上がりで成長できたら」と言い、「女性客が多い店だけど、男女関係なくいろんな方にうちの料理を楽しんでほしい」と期待を寄せる。

 営業時間は11時30分~14時、17時30分~22時30分。日曜定休。

Stay at Home

船場経済新聞VOTE

船場経済新聞エリアには、8つの駅があります。一番利用する駅を教えてください。